医療法人恕泉会リハビリテーション病院すこやかな杜

ボトックス

 ボトックスとは、わが国で販売認可されているボツリヌス毒素製剤の商品名です。ボツリヌス毒素は食中毒の原因物質として知られていますが、近年では本格的に医学へ応用され広く普及しています。

 ボトックスをからだの一部分に注射すると、その局所において筋肉へ向かう神経の末端(あるいは自律神経の末端)にただちに取り込まれ神経を麻痺させます。その結果、注射された筋肉のみを弛緩させ、異常な筋収縮に伴う症状(痛み、拘縮や変形、可動域制限、上下肢機能低下、歩行障害など)を軽減させることが可能です。

 ボトックス治療を開始する際には、必ず医師から説明を受け、同意が必要となります。(通常注射後2〜3日から徐々に現れる効果のこと、治療は対症療法で一時的な効果のため反復投与が必要なこと、個人差があることなどを聞いておく必要があります。)

HOME|ごあいさつ|地域活動|アクセス|ネットワーク|個人情報保護ポリシー|もどる
医療法人 恕泉会
リハビリテーション病院すこやかな杜
〒781-0311高知県高知市春野町芳原1316-1
TEL:088-837-2345FAX:088-837-2227
(269,549 - 176 - 380)
Copyright(C)2018医療法人恕泉会 リハビリテーション病院 すこやかな杜All Rights Reserved.