医療法人恕泉会リハビリテーション病院すこやかな杜

大腸ファイバー

大腸ファイバー

 大腸ファイバー(大腸内視鏡)とは、胃カメラと同様に屈曲自在なファイバースコープ(光ファイバーの先に接眼レンズをつけたもの)を肛門より挿入し、直腸から盲腸までの全大腸を調べる精密検査です。

 検査に使う内視鏡の大きさは、人差し指くらいの太さ( 12ミリ前後)で、1.3メートルほどの長さです。

 大腸ファイバー検査では、ポリープに代表される隆起性病変や腫瘍がないか、また下痢や血便といった症状の原因となる病気を確認できます。なかでも最も多いものが大腸がんで、20人に1人の確率でいらっしゃいます。身体のなかの様子は外部からはわかりません。

 大腸がんは、早期に発見できればほぼ完治できる病気ですので、ご不安な方は早めの大腸ファイバー検査をおすすめします。

HOME|ごあいさつ|地域活動|アクセス|ネットワーク|個人情報保護ポリシー|もどる
医療法人 恕泉会
リハビリテーション病院すこやかな杜
〒781-0311高知県高知市春野町芳原1316-1
TEL:088-837-2345FAX:088-837-2227
(269,520 - 147 - 380)
Copyright(C)2018医療法人恕泉会 リハビリテーション病院 すこやかな杜All Rights Reserved.