医療法人恕泉会リハビリテーション病院すこやかな杜

リウマチ・腎臓病専門外来

 関節リウマチの発症しやすい年齢は、30〜50才代です。65才以上になると発症する割合が低下します。また、女性のほうが男性より約3倍発病しやすいと報告されています。出産や子育てを経て、女性に起こる厄介な関節の病というイメージが強いかもしれません。

 腎臓は、リウマチやその治療で使うお薬で悪くなる場合があります。しかしながら、多かれ少なかれリウマチのコントロールのため使うお薬には、腎臓にさわることがあり、腎臓の状態をみるためには、血液と尿の検査が欠かせません。

 異常を早めに見つけることは大事です。お薬もからだに合わない場合、直ぐに止めれば元にもどります。患者さんと担当医が、お互いに状態について気軽に話合う事ができなければ、リウマチなどの難病に立ち向かうことはできません。当院では、患者さんがリウマチ・腎臓病に対して抱えている不安に、真摯に対応させていただきます。

HOME|ごあいさつ|地域活動|アクセス|ネットワーク|個人情報保護ポリシー|もどる
医療法人 恕泉会
リハビリテーション病院すこやかな杜
〒781-0311高知県高知市春野町芳原1316-1
TEL:088-837-2345FAX:088-837-2227
(269,516 - 143 - 380)
Copyright(C)2018医療法人恕泉会 リハビリテーション病院 すこやかな杜All Rights Reserved.